メリアアザジラクタのもつ力

メリアアザジラクタのもつ力とは?

アーユルヴェータの成分

メリアアザジラクタはインドやスリランカの伝統医学として注目を浴びているアーユルヴェーダを行う際の薬として主に使用されています。

 

アーユルヴェーダは若い女性のエステやリラクゼーションと思われがちですが、実際は病気の予防医学としての側面をもちます。なぜ病気を予防する力があるのかというと、それはメリアアザジラクタを薬を使用しているからです。

 

ピンシャーボディクリームの成分の一つであるメリアアザジラクタ葉エキスは、ニームリーフという植物のエキスのことなのですが、このニームの葉や実、樹皮にはアミノ酸や天然の洗浄成分を多く含んでいます。

 

また、高い保湿力、肌を明るくしてメラニンを抑制するという効果を持っています。メラニンはシミになる原因となる物質ですが、皮膚を健康に保つことで抑制することができるので、このメリアアザジラクタがもつ力は美容にとって非常に大きな役割を果たしてくれます。

 

 

また最近では、美容業界だけでなく育毛業界にも注目を浴びている成分でもあります。

 

メリアアザジラクタ葉エキスは、アトピー性皮膚炎やかゆみを抑える抗炎症作用もあります。その働きから、髪の毛や薄毛に悩んだ時の育毛剤としても重宝されている成分でもあります。

 

 

頭皮に負担がかからない天然植物由来100%の成分ですので、薄毛に悩んでいる方にとっては人気の成分となっています。髪の毛とお肌は共にタンパク質でできています。ですので、髪の毛に優しい成分はお肌にも有効な成分を含んでいることが多いです。